ホーム>IR情報>ディスクロージャー・ポリシー

ディスクロージャー・ポリシー

  • 1.情報開示の基本方針
    当社は、株主・投資家・お取引先を始めとするあらゆるステークホルダーの皆様に正確・公正な情報を提供するため、金融商品取引法等の諸法令ならびに証券取引所の定める適時開示規則に従って、重要事実に該当する情報の適時・適切な開示を行います。また、適時開示規則が定める重要事実に該当しない情報につきましても、当社に対する理解を促進し、その適正な評価のために、可能な範囲で積極的に開示を行います。
  • 2.情報開示の方法
    適時開示規則が定める重要事実に該当する情報の開示は、同規則に従い、TDnet(証券取引所の提供する適時開示情報閲覧サービス)を通じて行うとともに、当社ホームページに速やかに掲載することとします。
  • 3.将来の見通しに関して
    当社が開示する情報の中には、現在の計画、将来の見通し、見解、戦略などが含まれる場合がありますが、これらは現在入手可能な情報に基づき当社の判断による予想であり、実際の業績は、さまざまな要素により、大きく異なる結果となりうることをご承知おきください。
  • 4.沈黙期間について
    当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期終了日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただきます。ただし、この沈黙期間中に既に公表している業績予想の修正が必要となった場合には、適時開示規則に従い、情報開示を行います。
  • 5.当社ホームページの位置づけ
    当社ホームページは、インターネット上で当社の情報を閲覧されたい方々を対象に、その便に供するために開設しております。当社は、公平な情報開示のために、情報の公開後できるだけ速やかに当該情報をホームページに掲載しておりますが、システム上の理由等により掲載時期が遅れることがあります。また、当社ホームページには当社が開示している情報の全てが掲載されていない場合があります。さらに、ホームページでは他の方法で開示された情報とは異なった、理解しやすい形に変換している場合もあります。当社は、ホームページにおける情報開示をあくまで補助的なものとして位置付けています。(但し、当社定款にて、情報の公開・提供をホームページ上で行う旨を定めている事項を除きます。)当社ホームページの閲覧にあたりましては、これらを十分にご理解頂いた上でご利用いただきますようお願い致します。

2010年6月29日制定

ページトップへ戻る