ホーム>IR情報>早分かり三栄コーポレーション>三栄コーポレーションが目指す先(100年企業を見据えて)

早分かり三栄コーポレーション

  1. What?
  2. History
  3. Strong
  4. Vision
  5. Merit

三栄コーポレーションが目指す先(100年企業を見据えて)

生活関連用品の市場で、お客様に求められる存在であり続ける

上場年以来の業績の推移

輸出の時代、輸入転換期、輸入ビジネス軌道に、ブランド事業の強化、収益基盤づくりを優先して取り組んでいます

100年企業を見据えた中長期の方向性~次のステップに進むために~

私たちは現在、従来のビジネスモデルを発展させ、時代のトレンドやニーズに様々にお答えできるようPDCAを徹底的に回しながら、安定的な収益基盤づくりに優先して取り組んでいます。

  • PDCA:Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)のサイクルのこと。

中長期で取り組むべき課題 欧米のみならず、アジアの販路を拡充させ、海外取引を拡大 海外調達先の多様化 商品力の強化 ブランド事業におけるオムニチャネルの推進 ローコストオペレーションの徹底 業容拡大と共に安定的な収益構造を作る 中長期で達成すべき業績や指標 売上高500億円以上の確保 ROE15%以上の確保 いずれも安定的に創出できることを目指す

ページトップへ戻る