ホーム>IR情報>早分かり三栄コーポレーション>三栄コーポレーションの現在と過去

早分かり三栄コーポレーション

  1. What?
  2. History
  3. Strong
  4. Vision
  5. Merit

三栄コーポレーションの現在と過去

1946年に創業、100年企業を目指す昭和21年生まれの老舗です。

歩みを見る

  • 過去(1967年)
  • 現在(2016年)

1946年に雑貨の輸出商社として創業し、海外拠点を増やしながら輸入ビジネスを拡大、専門性とブランド事業を強化し、今に至ります。

1946年~1950年代

創成期 戦後の復興期に雑貨の輸出商社として創業

戦後間もない1946年、大阪でアクセサリーの欧米向け輸出を主業とする共栄商会を創業。名古屋では陶磁器、東京ではギフト製品等、それぞれ地域に根付いた商品を扱っていた2社と1961年に合併して三栄貿易(株)を設立(1971年に(株)三栄コーポレーションに改称)

1950年代~1970年代

海外に次々と拠点ネットワークを構築

1950年代に入り香港を中心にアジアで軽工業が興隆し始め、輸出拠点がいずれアジアに移ることを予見。アジアへのネットワークの拡大を行うとともに、自らメーカーへの進出も行うことで生産ノウハウの蓄積を行い「ものづくり」に強い商社の基盤を構築。
また、欧米への輸出を伸張させ、北米では当時世界最大級の小売業であったウールワース、JCペニー、シアーズ、Kマート、欧州でも英・独のウールワース、独百貨店のホルテン等が当時の主要顧客。

1980年代~2000年代

対日輸入ビジネスの拡大

創業以降主力業務であった欧米向け輸出が、1985年のプラザ合意による急激な円高を契機として、日本拠点においては主業を輸入に転換、海外拠点は対日輸出を増加。
また、OEMビジネスで培ったノウハウを集結し、日本市場でのブランドビジネスを次々に展開。1983年にはBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)の総輸入代理店となり、その後オリジナルブランドのFormio(フォルミオ)、Vitantonio(ビタントニオ)を誕生させ、2007年にはmod's hair(モッズ・ヘア)のヘアケア機器の取扱いを開始。

2010年代~現在

専門性とブランド事業の強化

2012年、専門性を高めるために、商品カテゴリー別に組織した4事業部制を確立。
またブランド事業強化の一環として、2013年にはKipling(キプリング)がグループ取扱いブランドに加わり、2015年にはMULTI CHEF(マルチシェフ)ブランドの営業活動を再開。
2017年にはVilleroy&Boch(ビレロイ&ボッホ)の取扱いを開始し、ブランド強化に努める。

現在は、アジアを中心に海外に20拠点を有し、グローバルにビジネスを展開しています。

オールボルグ(デンマーク)、デュッセルドルフ、ミラノ、ホーチミン、バンコク、クアラルンプール、ジャカルタ、大連、青島、上海、台北、東京、千葉、広州、香港、深圳、東芫

ページトップへ戻る